アイヒマンになってはいけない

 東京五輪中止を求める声が日に日に増し、ひょっとして小池都知事が6月の都議選を前にそれを言い出すのではとの憶測も膨らむが、おそらく五輪返上を口にする度量と勇気を小池百合子は持っていないだろう。彼女は豊洲市場問題で都民を裏切った過去があるので信用ならない。 

 しかし、東京五輪中止の可能性がないわけではなく、新型コロナの感染がさらに拡大し、東京も大阪のように医療崩壊すれば、五輪などできるわけがないので嫌でも中止に追い込まれる。(菅政権の対応を見る限り、口とは裏腹に彼らは五輪を中止したいのかと思えてしょうがない。)

 さらに、もしアスリートたちの中から出場辞退が増えるなら中止の可能性は大だ。現実的にアスリートは本当に弱い立場にあり、海外選手から出場辞退が出たとしても、日本選手にそれを期待するのはまず無理だろうけど。

 混迷の最中、アスリート自体に責任はないかのような言説も目立つ。しかし、アスリートだからといって批判の対象から外すわけにはいかない。彼ら彼女らには一体何のためにスポーツをしているのかを問いかけよう。言われるまま真面目に仕事に励んだ「ナチス・ドイツアイヒマン」にアスリートもなってはいけないからだ。

 昔も今も、スポーツの監督やコーチは選手に対し「自分の競技についてだけ集中しろ、自分が一番になる、自分が新記録を作る、ただそれだけを考えろ…」とかなんとか相変わらず教えてるんじゃないか。野球のことだけ、サッカーのことだけ、相撲のことだけ、走ることだけ、泳ぐことだけ…ユダヤ人を強制収容所に送ることだけ。

 スポーツでも何でもそうだが、選挙権を得た18歳以上なら、自分の分野だけでなく政治・経済を中心に社会問題についても考えるよう教えることこそが監督やコーチなど指導者の勤めのはずだし、他者に言われる前に本人自身が学ばないと。でなければ人間として成長しないし、成長できない人間が各々の狭い分野で一流になれても人間として三流以下になりかねない。

 繰り返すがアスリートたちに問いかけたい。あなたたちは現在の「ボッタクリ男爵がトップの極悪五輪」のために自分の実力を一生懸命発揮したいのですか? 医療崩壊に手を貸したいのですか? 何に対して真面目に真剣に取り組まなければならないのか、それを考えてほしい。アスリートだけでなく、これはじつは私たち一人ひとりが常に問われる命題なのである。

紀州のドンファン事件、不幸な男女関係

 「紀州ドン・ファン」と呼ばれた野崎幸助さんの不審な死に方で、元妻の須藤早貴が殺人容疑で逮捕された事件は、新型コロナと並び連日メディアでトップ報道されている。決定的な証拠もなく、まだ容疑者の段階にもかかわらず、彼女の素性が丸裸にされる報道姿勢には大きな疑問符がつく。

 怪しい、確かに私もこの元若妻は限りなく怪しいと思うが、しかしワイドショーでは新型コロナより最初に時間を割いて報道してるらしく、明らかにやり過ぎだし、人権の問題も孕み後々問題になりそうだ。

 テレビなどほとんど見ない私ですらこの事件の中身が新聞やネットからいろいろ伝わってくる。さて、私は視点を変え、容疑者の須藤早貴よりも、死んだ野崎幸助さんに焦点を当てながら考えてみたい。すなわち男と女の関係について。

 資産家の野崎さんは4000人もの女性と関係を持ったと生前豪語していたらしく、ある意味で凄い。しかし最後は須藤早貴のような女性と一緒になったことから、私は野崎幸助という男性、結局は全然女性を知らないまま終わったんだなと思う。

 たとえ一万人の女性と関係を持っても、愛情がなく信頼関係を築けなかったなら、それは自慢できるどころかむしろ恥を晒すようなもの。野崎幸助という人物、もしかして札束で女性を引っ叩いてきたのか。

 財力で女性をモノにしたがる男性は相手の気持ちを理解しようとせず、ひたすら自分の欲望を満たすためのみに女性を利用するだけ。要するに単なるマスターベーションの道具としか女性を見ようとしない。

 野崎さんについて思いを巡らすと、表面的には真逆の、典型的な不幸な男性像が浮かび上がる。私はニュースの断片からしか野崎さんのことは知らず、だからあくまで私の想像にしか過ぎない。死者にムチ打つような形となり申し訳ないが、現時点で、野崎さんには一方的なワガママな男性像しか見えてこないのである。

 死んだ(殺された?)野崎幸助さんも、容疑者の須藤早貴も、カネ(金)だけしか頭になく、相手を尊重し慮る配慮に著しく欠けていたようだ。

気に病むことばかり

 窓からは明るい陽光と雲ひとつない青空が見える。連日暖かい日がつづき、花粉の飛散もかなり少なくなったのでホッとしているが、しかし体調は今ひとつ、物事になかなか集中できない。なぜなら歯痛が激しく奥歯で固いものが噛めないからだ。

 虫歯というより歯茎が腫れて強弱の痛みを繰り返す。以前にも似たような症状があり、しばらくすると鎮静したので、今回も痛みはやがて和らぐと思っていたがなかなか治らない。

 私の自慢の一つはこの20年間薬を飲んだことがないことだった。痒み止めの薬を塗ったり、目薬など使用してきたが、とにかく粉末でも錠剤でも薬と名の付くものは一切口にしなかった。だが、最近の歯痛で先日久しぶりに歯医者に出かけ、口の中をケアし、痛み止めの飲み薬を処方された。

 新型ウイルス、花粉、寝不足、そして歯痛…と気に病むことばかり。身の回りは油断ならないことだらけ、安心できるのはいつのことか。年を取るとともに身体に少しずつガタが来るのは仕方なく、結局、このまま死ぬまで何らかの心配事で苛まれるのだろう。

 それにしても新型コロナウイルスは変異を繰り返し、衰えを知らず、今や全国各地が緊急事態宣言下に入りつつある。金沢も急激に患者が増加中、キレイな青空とのギャップに戸惑う。

 今現在、金沢は連日30人以上の新型コロナ感染者が出て、病床使用率が急上昇、東京や大阪のように緊急事態発令は時間の問題だ。大阪は既に医療崩壊、東京も近々そうなる可能性は高く、一年で一番爽やかな時期のはずが、一番深刻な事態に陥りそうだ。

 そんな最中、菅政権と小池都政はどうしても東京五輪を強行したいようだが、ここに来て各分野から五輪中止を匂わすいろんな意見がようやく出てきた。国民の支持を得られないオリンピック開催に対する疑問の声がスポーツ界からも出始め、それらの真っ当な意見は健全な社会にするための一歩になることを願う。

五輪とスポーツ、残念なアスリートたち 

 菅政権、小池都政五輪組織委員会JOC、彼らは新型コロナが蔓延する最中、ワクチン接種が不十分でも、利権のため東京五輪パラリンピックをどうしても開催したいらしい。人々の安心や安全など二の次のようだ。

 残念なのはアスリートたちから疑問の声が大きくならないこと。むしろ大多数のアスリートは大会に出場したくて仕方ないらしく、傍からは彼らの立場の弱さが透けて見える。組織やスポンサーの広告塔を演じさせられ、まるで操り人形ではないか。

 オリンピックの現状は新自由主義と一体化してしまった。人生や社会を豊かにするための手段であるべきスポーツ自体がそんなオリンピックに呑み込まれ、カネ儲け主義、メダル至上主義、国威発揚、あげくは「五輪に生涯を賭け」たがる偏狭な意識に落とし込められた。文化としてのスポーツが完全に歪んでる。

 紛争、自然災害、感染症などで社会が緊急事態の時、オリンピックは即中止すべき。オリンピックの中にスポーツがあるんじゃなく、スポーツの中にオリンピックがあるのだから、オリンピックを神聖化せず、もっと気楽に向き合うべき。

 まずはアスリートたちが他者に依存せず、堂々と自分の意見を主張できるよう自立すること。それは社会の中で私たち一人ひとりが個人として自立できることと直結している。

 衣食住、及び言語などの文化は権力が勝手に作るものじゃなく、大勢の庶民が生活に根ざしながら、時間をかけ工夫発展させて来た。スポーツも人間社会になくてはならない存在として認知されているが、残念ながら日本のそれは文化として全然育っていない。

 開催まで100日を切った東京五輪だが、私は結局は中止になるような気がする。いや、もう、ほとんど中止になったようなものである。観客を入れず、恐る恐る開催するオリンピックなんて、もはや「オリンピックもどきの運動会」で体を成していないのだから。

 アスリートたちの多くは出場し結果を残すことで、人々に元気と勇気を与えたい、と相変わらず口にしたがるが、しかし「こんな大会に出場したくない、こんな大会は開催すべきでない」と彼らが言ってくれる方が、どんなに私たちに元気と勇気を与えてくれることか。アスリートたちの自覚と自立を願って止まない。

 

深刻な老後の現実

 結婚して子供ができ家庭を築いても、年月を経て、年老いた父親や母親を子供が直接面倒見てくれる保証などないし、父親か母親のどちらか先に心身が衰弱すれば、老老介護の事態になる可能性は高い。

 子供が親元を離れ自立し、遠い地方で生活しているとき、もし故郷の両親が倒れたらどうすべきか。「介護離職して親の面倒」は聞こえがいいが後で苦しむ。年金や副収入でそれなりのお金の目処が立つなら、施設へなんとか入居できるが、お金の工面ができない場合は大いに悩む。施設へ入るのが嫌で自宅で住み続けたい親にとって面倒を見てくれない人が傍にいないと本当に辛い。

 持ち家もなく年金も十分受け取れない独り身の貧乏人はどうなるか。「ピンピンコロリ」で逝ける人は稀で、今現在、人は死ぬ直前まで平均9~10カ月は寝たきりなのだそうだ。その間どうやって生きたらいいのだろう。ゴミ屋敷となり、ネズミに齧られ、ゴキブリに集られ、苦しみ悶絶しながら汚物に塗れての孤独死か。

 介護殺人という悲劇的な事件をときどき報道で目にする。それには腹を立てた子供(特に息子)が親を殺す場合と、介護疲れで夫が妻を、又は妻が夫を殺す場合とがある。

 老老介護で疲れ果て、つい相方を殺めてしまう場合は多少同情したくもなるが、しかし実態はもっと複雑、内実の見極めが必要だろう。夫が妻を殺す場合、介護がうまくいかずイライラが原因かもしれないが、妻が夫を殺す場合、イライラより積もり積もった恨みを晴らしたのかも。

 介護疲れを言い訳にする夫を安易に見逃してはならず、そんな夫は家事や育児のほとんどを妻にまかせきりだったのではないか。反対に、同じ介護疲れを理由にする妻は、おそらく夫に支配され長期間まるで奴隷のようにこき使われてきたのではないか。

 介護に関わる悲劇的な事件が目立つ。実際、介護する子供の側に問題が多いのは事実とはいえ、認知症を患った親が暴れて子供に迷惑をかける事例も聞く。

 特に認知症を患った父親が周囲に暴言を吐くという話をときどき耳にするが、そんな父親がこれまでどんな人生を送って来たか、人それぞれ性格にもよるが、何となく想像できるというもの。おそらく亭主関白、結婚しても家事や育児などにほとんど携わらず、妻をまるでお手伝いさん、家政婦、女中にしか見ようとしなかった、そんな夫の姿が見えてくる。

あたり前のことをしてるかどうか

 何か新しいことをしたがるのは前向きな人の特性である。特に表現に携わる者(人生とは表現そのものだから、じつは全ての人間に当てはまる)は少しでも前衛的でなければと思う。

 しかし、冷静になり振り返るなら、そもそも新しいこととは何だろう。他者がやっていなかったことを自分が初めて試みる、それが新しいことかもしれないが、その前に、まずは自らの足元を直視する必要がある。

 思うに、新しさを求めるのは重要とはいえ、あたり前のことは基本中の基本、生活の土台。まずは一人ひとりがあたり前のことが持続してできるようにならなければどんな新しさも説得力はない、それを自覚すべきだ。

 あたり前のこととは何か。それは例えば家事や育児のこと。それは日常の炊事、洗濯、掃除、買い物、ゴミ出し、様々な手続き…のようなことである。

 科学の分野でノーベル賞を受賞したとか、芸術の世界で斬新的な作品を創造したとか、あるいはスポーツで新記録を樹立したり金メダルを取ったとか、それらは確かに世間的には大した業績として残るかもしれない。だがしかし、それらは側から見て本当に「優秀」と呼べるのか。

 私はそれら名の知れた過去から現在までの有名人に問いかけたい。あなたは生前、あるいはこれまでに家事や育児をしてきましたか、身の回りの要件は自分だけでキチンと処理できましたか、少なくとも自らしなければという気持ちを抱いていましたか。

 私が東京で会社員をしていた頃、会社のベテランが独身の私にこう問いかけてきた。「自分で飯を作ったり、洗濯や掃除してるのか」、私がそうだと応えると「そんなの結婚して嫁にやらせろよ」。

 当時、そのベテランは私より5歳ほど上で、政治的には非自民党的な考えの持ち主だったが、自分が食べた後、自分の茶碗や皿は洗ったこともなく、それを自慢する素振りだった。根深いところで男尊女卑、非常に古臭い価値観に囚われていたようだ。

 あれから随分年月が経ち、ジェンダー意識の高まりから、表向き男女平等は当然のごとく叫ばれる今日だが、水面下の実態では意識改革が日本ではまだまだ浸透していない。あのベテランは今何をしてるのだろう、今現在も身の回りのことをしない、できないとしたら、あの人の老後は不幸…と想像するのは邪推か。

もったいない生活

 23日(火)金沢にも桜の開花宣言が出た。観測史上最も早く、予想以上の暖かさに今日29日(月)の段階でほとんど満開。いつも4月始めに開花する桜だが、今年は例年の咲く頃にかなり散ってしまいそう、何だか慌ただしい。

 さて、国内外で様々な事が発生、常に不穏な状況。とはいえ、まずは自分自身の日々を安定させることが肝心。そのため身の周りを整理整頓する必要がある。「断捨離」について過去何度か記述したが、似たような事柄をまた書く。

 多くの物だけでなく、いろんな契約や関係をなるべく遮断し、煩わしさから解放されたい。全てを断つと本当に無人島に住むことになりかねないが、周りとの関わりは必要最小限の人的交流や物事だけに絞るつもり。

 もし、未使用なまま仕舞い込んでる生活用品があれば、この際どんどん使いこなし、用が済んだら処分する。とにかく溜め込まない(防災用以外は)。それがどうしても必要な時が来たなら、タオルやスポンジや石鹸、シャツや靴下などどうせ安いんだから、また新たに購入すればいい。使わなければもったいない。

 ところで、貧乏人のくせに私は三種類のコンピュータ、すなわちパソコンとタブレット、そしてスマホを持っている。それらはどれもだいぶ古くなり、メインのパソコンは既に10年以上経ったし、タブレットスマホも5年以上使用している。

 そろそろ新型のコンピュータが欲しいけど、よく考えると古いそれらはまだまだ正常に動くし、私の日常生活を送る中、今でも十分に機能を果たし不便を感じていない。多機能で便利なコンピュータ、実際、私はそれのほんの一部分しか活用してこなかった。

 (IT機器のトラブルはここに来てかなり落ち着いた。全部の案件が解決したわけじゃなく、放ったらかしの部分もあるが、深刻な問題には発展しないと思う。)

 訴えたいのは、つまり安価な生活用品は溜め込まずどんどん使わないともったいないし、一方、高額なコンピュータは安易に買い換えたりせず徹底的に使いこなさなければもったいない、ということ。