無策の果てに

 東京五輪のテレビ中継を私は一切見ないが、それでも新聞やネットから情報はいろいろ入ってくる。どうやら日本選手のメダルラッシュが続いているらしい。ただ、新たな競技が加わり種目が水増しされれば、獲得メダル数が多くなるのは当然だ。

 ワクチン接種をした選手やしてない選手が混合、さらに、劣悪な選手村に閉じ込められたままの選手もいれば、そこを避けて高級ホテルに移動した選手もいる。国や地域の違いから、選手たちの環境に明らかな差が出て、まったくこれほど不公平なスポーツの祭典があるだろうか。

 先週、東京の感染者数は4000名を突破し最高記録更新、まるで新型コロナと五輪とで競い合ってるような錯覚に陥る。

 それにしてもNHKも民放も酷い! 特にNHKは総合もEテレも朝から晩まで五輪オンパレード。五輪中継に隠れて、いったいどれだけ重要なニュースが消されていることか(新聞のテレビ欄を見るだけで分かる)。

 全国の新型コロナ感染拡大が急カーブで上昇する中、全国の感染者数は連日10000人超え、石川県も先週119人を記録し過去最多を記録した。どこから見ても感染者数が減る要素はなく、とうとう日本も欧米並みの状況に陥ったということ。

 おそらく東京だけでも近々感染者数は万単位になる可能性はあるし、全国で連日2~3万人の発表が出ても不思議じゃない。五輪が火に油を注ぐ形となり、当然ながら重症者や死者も増え続ける。

 東京都の発表で都内の重症者は現在114名(2日時点で)だが、しかし国の基準に照らせばその8~9倍、すなわち900~1000人に膨れ上がる。もうとっくに医療崩壊してると見た方がいい。

 まったく無策の菅政権と小池都政である。彼らはまるで他人事、傍観者のように「安全・安心」「不要不急の外出を控えて」の呪文を繰り返すばかり。死んだような目をしながら菅首相は「対策はしっかりやっている」、自分ファーストの小池都知事は「家の中を病床に」なんてトンデモ発言

 新型コロナの感染爆発が東京五輪の開催中と重なったのは必然。危機感を共有できる一番の対策は真っ先に五輪を中止すること。五輪期間は残り一週間だが、今からでも全然遅くない。

最悪の東京五輪が始まった

 大雑把に列挙しても、前JOC会長竹田恒和の買収疑惑から始まり、安倍前首相のアンダーコントロールという大嘘、エンブレムの盗作、森喜朗前組織委員長の女性差別小山田圭吾の障害者へのイジメ虐待自慢、小林賢太郎ユダヤ人大量虐殺を笑いのネタ…等々、東京五輪関係者の不祥事が続いた。

 そういえばJOC経理部長が自殺という不可解な事件?も、これなど「黒い金」の噂が絶えず、徹底的に究明すべきだろう。

 崇高な理想を掲げる本来の五輪精神に対して、これほど汚いカネにまみれ、嘘と欺瞞に満ち、真逆の180度反した醜い五輪があるだろうか。欧米中心でカネ儲けが目的の五輪を根本的に見直さない限り、世界中に差別と格差は益々蔓延してゆく。

 さらに新型コロナの感染拡大。パンデミックの最中にもかかわらず、まさか本当に東京五輪の開幕を迎えるとは。中止にならなかったことが誠に残念。しかし選手村を中心に新型コロナの感染爆発や異常な熱中症等で、開催途中で中止になる可能性も十分あり得る。

 それにしても、目的と手段について、つくづく考えさせられる東京五輪である。

「スポーツ文化発展のための五輪」のはずが、いつの間にか「五輪のためのスポーツ全般」になってしまった。

 五輪など無くなっても、スポーツは無くなりはしない。しかし、スポーツが無くなれば、五輪などありえないのだ。こんな当たり前のことが忘れ去られ、あらゆるスポーツが五輪のために収斂されて行く。

 目的と手段の履き違いを醜く露出させる狂った現在の五輪。私には多くのアスリートがマフィアの親分たちにマインドコントロールされてるように見える。一日も早く多くのアスリートは目覚め自立すること。そして現役のアスリートたちが中心となり、華美にならない質素で公正で透明な五輪を新たに創出すべき。

 現在のマフィアのようなIOCは即解体させ、新しい組織にIOCは生まれ変わらなければ。スポーツの経験が豊富であろうとなかろうと、スポーツ文化と多様性に理解を示す老若男女が集い、カネに頼らない政治利用されない組織運営に徹底・邁進することだ。

歴史に刻まれる

 窓からは雲ひとつない青空、いかにも清々しく爽やか。しかし、一歩外に出るとジリジリ焼けつくような日差しを受ける。もうエアコンなしに毎日を過ごすことはできないが、まだ序の口、夏本番を迎える頃にはどうなることか。

 序の口は暑さだけでなく、新型コロナにも当てはまり、首都圏では感染拡大が急カーブで再上昇、その影響から地方都市金沢でも感染者が連日増え続ける。おそらく近日中にまた緊急事態宣言が石川県でも発令される可能性は高い。

 先週、私は二回目のファイザー製ワクチン接種をした。一回目より二回目の方が副反応が強いと聞いていたので、ちょっと緊張したが、接種した当日も、そして二日目になっても副反応らしきものはほとんどなく、一回目と同様、注射を打った左上腕部が少し痛くなった程度だった。

 ワクチン効果に関しては当初の95%から今現在65%程度に落ちてるとはいえ、一週間から十日ほど過ぎれば抗体ができ、その後、新型コロナの恐れと心配から多少は解放される…と思いたかった。しかし、それはかなり甘い目論見のようだ(人それぞれだが、それでもワクチン接種はした方がいい)。

 新型コロナウイルスは想像以上の難敵。人類がワクチンを開発しても、それを嘲笑うかのように、このウイルスは変異を繰り返しながら我々に戦いを挑みつづける。いやはや、私たちは人類史上大変な時代を生きている。

 さて、今週いよいよ東京五輪が開催されるが、中止できなかったことを日本は後々まで後悔するだろう。開催途中で中止の可能性もゼロではないが、IOC組織委員会、菅政権、東京都、どうやら彼らはガソリンを被って炎の中を突破したいらしい。

 2020東京オリンピック、少なくとも最悪の五輪として歴史に刻まれるのは間違いなく、熱中症で選手やスタッフがバタバタ倒れるかもしれないし、新型コロナ感染者数が爆発的に増加するのは避けられない。

幻想に囚われる人々

 先週はいかにも梅雨らしい気候だった。静岡の熱海では土石流で大きな被害が出たし、九州や山陰では豪雨となり非常に危険な状況に陥った。

 しかし、今週半ばから一気に空模様は回復するらしく、全国各地の天気予報では晴れマークが連なり、たぶん梅雨明け宣言が各地で発表されるだろう。

 一方、新型コロナの緊急事態宣言が東京で再び発令され、今回で東京は通算4回目。結局、緊急事態という異常な状況下で五輪開催へ突き進むことになる。しかし、大会を境に感染が急拡大するかもしれず、デルタ株が特に厄介だ。

 感染爆発を恐れ、さすがにほとんどの会場は無観客に決まったが、IOCなど大会関係者やスポンサー関係者は別枠、彼らは観客として扱わないというからちゃんちゃらおかしい。今月末から来月初めにかけ、東京一帯は火に油を注ぐような事態になりかねない。

 首都圏で感染者が増加すれば遅れて必ず地方にも波及してゆく。現に金沢では一時感染者ゼロを記録した日もあったが、ここに来て再びじわじわ増えそうな雰囲気だ。

 それにしても、人はいとも簡単に幻想に囚われてしまうのだなぁ。言葉を変えれば、それは洗脳かもしれないし、マインド・コントロールと呼ぶのかもしれないが、とにかく人は騙されやすいということ。

 特に日本人の多くは「オリンピック」に幻想を抱き、それを「神聖で尊い祭典」であるかのように信じ込んでるんじゃないか。それに参加するアスリート達はまるで選ばれた高貴な戦士のように、批判の対象にすらならず、手厚い保護下に置かれてしまう。

 IOCは世界最大のマフィアであることが今回ハッキリしたが、大多数のアスリートはマフィアに操られる精巧な人形で、アスリートを応援する大衆は巨大刑務所の囚人に過ぎないというわけだ。

異常気象と新型コロナ

 金沢の「弁当忘れても、傘忘れるな」の言葉は有名で、それだけ年間を通して雨の日が多い土地柄なのだが、今年の梅雨はこれまでのところ「弁当忘れない、傘忘れた」。先週も青空がけっこう広がり、太平洋側の大雨とは対照的だった。

 そして日曜。一日中雨かな、という私の予想は見事に外れ、朝から晴れ、又は曇り。静岡の熱海では土曜日に記録的な豪雨と土石流で大きな被害が出たが、金沢は信じられないくらい静かな週末だった。

 ところで、海の向こうカナダのバンクーバーではなんと49.5℃を記録したというから驚く。北米大陸の太平洋側は熱のドームにすっぽり覆われ多くの死者を出したらしい。これも地球温暖化の悪影響なのは間違いない。本格的な夏は直近に迫り、暑さと新型コロナと五輪で日本でもとんでもないことが起こりそうだ。

 首都圏で新型コロナ感染は明らかに第五波に入ったが、ちょうど東京五輪が開催される23日頃にピークを迎えるかも。いやその時点でさえ序の口、火に油を注ぐ五輪開催のせいで、デルタやラムダ等の新種株はさらに予想以上の猛威を奮う可能性がある。

 私は今月14日ワクチン接種二回目の予定だが、時間が経つと共にワクチン効果はだんだん薄れるだろう。私だけでなく既に接種済みの高齢者を中心に大多数が、いずれ近いうちまた新たなワクチン接種をせざる得なくなるかもしれない。

 新型コロナ以前も今現在も私の生活スタイルに表向きそれほど大きな変化はないが、変わった部分もある。例えば、狂った五輪開催のせいでスポーツに一喜一憂することはほとんどなくなったし、外で飲めなかったから酒の量もメッキリ減った。ただ、映画とモダンジャズへの関心は全く失せてない。

いかにも常識的な判断

 私の新型コロナワクチン接種の予定は来月の21日(水)だったが、予約していた近所の病院から先週、今月の23日(水)にできないかという急の電話が直近に入った。おそらくキャンセルが出たのだろう、それで私は早速接種することに。二回目は7月14日(水)と決まり、当初より一ヶ月以上も前倒し。

 接種予定が早くなったからといって特別喜んだわけじゃない。副反応や後遺症、亡くなった人々の話もチラホラ聞くので、多少の不安がなかったかと言えば嘘になる。変異を繰り返すウイルスに本当に効くのかという疑問も湧いた。

 ただ、一日でも早く新型コロナのパンデミックから解放されたいという気持ちは強かったし、さらに無料だし、接種のメリットは必ずあると思っていたのは間違いない。 

 23日(水)の午後、私は近くの I(アイ) 病院にてワクチンを接種した。打たれた直後も、数時間経過した後でも、さらに翌日や翌々日にも体調面に変化は無く、副反応は見られなかった。今のところ順調なようで、打って良かったと思っている。問題は三週間後、二回目の接種後にどうなるかだ。

 正直、新型コロナワクチン接種後の反応を心配していたが、幸い私の場合は何も起こらず、それは体にうまく順応してくれたようだ。実際、注射した左上腕部分が少し筋肉痛のようになった程度でほとんど気にならなかった。本当に効いてるのかと思ったほど。

 まだ一回接種しただけだから、二回目の接種が終わるまでは安心できない。二回目の後の方がキツいらしい。そして、二回目が終わってもこれまで通り十分用心する必要がある。あたり前だがワクチンは100%ではないし、デルタ株の蔓延や、さらにラムダ株等の新種株にも要注意。

 新型コロナワクチンに関していろんな噂が飛び交っており、私の周囲にも「打ちたくない」という人はいるが、基本的には打たないより打つべきだろう。ただし、年齢の違いだけでなく体質の個人差は相当あるわけで、打つか打たないかはあくまで自ら判断すればいい。ワクチンパスポートなんか発行すべきではない、差別に繋がる。

最悪の事態へ猛進

 とうとう北陸地方でも先週梅雨入りが発表された。いつもより7日ほど遅いらしいが、じつは梅雨無しかと思えるほどの陽気が続いていたのだ。ひょっとするとこれからも晴れる日は多いかもしれないし、夏になればかつてない猛烈な暑さに見舞われそうで今から溜息が出る。

 先週末の夜、金沢の街中を散歩したが、石川県でも緊急事態宣言が解除されたのでさすがに人出は多く、ネオンも輝き繁華街は通常の賑わいに戻っていた。だが、油断するとまた新型コロナ感染者が増えるのは間違いなく、特に感染力の強いデルタ株には要注意だし、第五波は必ずやってくる。 

 東京オリンピックも開催まで後一ヶ月とちょっと。いつの間にかマスコミを中心に開催は仕方ないというような、世間全体がそれに方向付けされてしまい、もはや余程のことがない限り中止はあり得ない雰囲気になってしまった。

 菅政権は東京オリンピック開催へ猪突猛進しているが、それは秋の衆議院総選挙で勝利したいから。今現在の低支持率を逆転させるため、オリンピックの開催で世論の雰囲気を一気に変える腹積りらしい。

 しかし、菅首相の思惑は必ず失敗する。7月中に新型コロナ感染者は再び急拡大し、かりにオリンピックを無理やり開催できたとしても、デルタ株等変異ウイルスの脅威は収まるはずがなく、感染爆発から開催途中でオリンピック中止になる可能性もありえる。世界中に恥と困惑を撒き散らす最悪の事態になるかも。

 ウガンダ選手団が入国し、その内の一人から新型コロナの陽性者が早くも見つかった。これから世界各国の選手やコーチ・監督、メディア等オリンピック関係者が続々10万人近くも来日するわけだから、この先どうなるか大体想像がつく。

 新型コロナがあろうとなかろうと、私は以前からオリンピックの有り方に疑問を抱き批判的だったが、今回のようなパンデミックの最中でさえ強行開催しようなんて、オリンピックだけでなくスポーツ界そのものに疑念を抱く。