不気味な光景

 昔から悪名高い旧統一教会(世界平和統一家庭連合)だが、私も二十歳前後の頃、街中でその関係者らしき若い人から声を掛けられ集会場のような所へ案内されたことがある。話を聞いて胡散臭いと思った私はそこから即退散、深入りすることなく、距離を保てたのは幸いだった。

 私が旧統一教会に対して絶対におかしいと確信したのは、霊感商法の詐欺もさることながら大規模合同結婚式の実態を知ったからだ。競技場のような広い場所を占有し、文鮮明に選ばれ指名された黒いタキシードの新郎たちと白いウエディングドレスの新婦たち、同じ格好をした男女が何万人も整列する光景は異様そのもので、これを見てこの教団の狂気が分かった。

 ところで、異様な光景は何も旧統一教会合同結婚式だけじゃない。もっとも気色悪い典型は軍隊の行進で、特に中国や北朝鮮朝鮮民主主義人民共和国)の軍事パレード、遡ればナチスの整列・敬礼等、まるでたった一人の人間を大量コピーしたかのような一糸乱れぬ動作は気色悪さを超えた恐怖だ。

 現在の日本でも不気味な光景をいろんな所で目にする。例えば大企業の入社式、新入社員が全員同じ色の同じ形状のスーツ姿、彼らを前に社長が「皆さん一人ひとりが個性を発揮し…」と訓示、バカじゃないか、おかしいと思わないのか。「お前たち、個性なんか発揮したら承知しないぞ!」が社長の本音だろう。公立学校の校則も大問題。同じズボン、同じスカート、同じ靴、同じ鞄、同じ髪型、下着まで同じ色…狂ってる。

 なぜそんなに皆を同じにしたがるのか。それは取りも直さず支配し管理しやすいからで、右向け右、左向け左、と言われた通りロボットのように人々が動いてくれるなら社長や校長にとっては本当に楽だ。これすなわち、人間社会の刑務所化。

 三度の食事を与えられ、好き嫌いとは別にそれなりの仕事に従事することもできる、だから刑務所はある意味「平和で安全」な場所。刑務所に入りたくて犯罪を犯す人が時々ニュースになるが、不安定な社会の現状が続けば、そんな人は益々目立つようになるかもしれない。犯罪を犯さなくても刑務所入りしたがる人が増えるとしたら、権力にとってこれほど都合の良いことはない

柔軟に生きる

 気象庁は正直に「今年の梅雨は二度ありました」と宣言していいんじゃないか。今も昔も日本社会に欠けてる重要な要素の一つが柔軟性。一度決めたことをなかなか変更できない。なぜなら、方針転換すると「いい加減」とか「優柔不断」と批判されるから。

 とはいえ、今年は日本各地で6月中に梅雨明け宣言した後、7月に入って本格的な梅雨を迎えたし、そして本当に梅雨明けしたのかどうかも未だに分からない。気象庁は取り繕うためかなりの時期を経て修正するだろうけど、むしろ今の時点で見直せば人々はより納得するんじゃないか。

 一度決断したことをとことん邁進すれば、その姿勢は賞賛されるかもしれないが、けれど個人的にも社会的にも猪突猛進して失敗した事例は過去を振り返れば数多くあり、もしそれで多大の犠牲を強いられるとしたら不幸の極みだ。その都度、何がよりマシかを立ち止まって考えられる余裕が欲しい。

 それにしても先週の後半は想像を超えた雨量に見舞われ大変だった。我が家には敷地内に雨水浸透桝が設置されているが、その処理能力を超えて蓋から水は溢れ、さらに家の前の道路の側溝からも水は溢れ、上方から下方へと道路はまるで川のようになった。

 先週の豪雨では、石川、福井、新潟、山形が一番の危険地帯となる。近年は西日本や関東・東北、太平洋側で豪雨の被害が多く出て、北陸地方はそれほどでもなかったのに、もの凄い雨を実際に体験してみてとうとう北陸にも来たかと実感。

 私の住んでる地域は比較的高台なので、これまで雨による被害はほとんど出ないだろうとタカを括っていた。しかし、安全・安心ではないことがよくわかった。高台だから川の氾濫で家が水に浸かることはないが、道路が狭く入り組んだ場所では集中豪雨で水の行き場がなくなり、床下浸水だけでなく床上まで浸かる可能性は十分あり得る。

 地震、台風、豪雨、猛暑…安全・安心な場所なんてどこにもないのだ。柔軟な気持ちを忘れず、妙なこだわりを捨て、必要最小限な物をすぐ取り出せるようにし、いつでも逃げ出せるよう、準備を怠らないようにしたいと思う。

生まれ変わる

 人間は何のために生まれてきたのか、という問いは正確ではなく、本当は「人間は何のために生きているのか」と問うべきだ。

 誰もがこの世に自ら誕生してきたわけではなく、まったく知らない男女の営みの果てにこの世に放り出されたわけで、自分を放り出した男女を世間では父母と呼ぶ。世間に放り出された「私」は一応育てられ生かされるわけだが、それは自ら生きてることにはならないので、生きる術を少しずつ学びながらイヤでも自分の存在を問いたくなるのである。

 誕生は他力そのものだが、生きることはとりあえず自力である。だから「何のために生きているのか」と自ら問わずにはいられない。難しい問いかけだが、少なくとも一つは「生まれ変わるため」だ。

 「生まれ変わる」は人生において最も重要な意味を持つが、そんな言葉も多用されると誤解されるし浅はかになる。例えば「会社を辞めて事業を起こし、生まれ変わって頑張るつもり」とか、「性転換手術をして生まれ変わりたい」とか、以上のように人は安易に口にしたがるが、それらは厳密には生まれ変わりとは違う。

 本当の意味で「生まれ変わる」とは、自分が再び赤子に戻るということ、自分の精神が赤子のようにマッサラになるということ。肉体として赤子がこの世に誕生するように、無知無力の赤子が精神に宿り、自分が再出発することである。力を誇示したがる自分の虚飾を剥ぎ取り、ゼロの自分を自覚するということ。だから、生まれ変わることができた人は権力や支配とは無縁である。

 新興宗教では教祖が自ら「メシア」と宣言、大勢の信者を従え君臨したがる。教祖本人は生まれ変わり自分がメシアになったつもりでいるらしいが、しかしこれは生まれ変わりの本質を全く理解していない単なる悪用で、権力欲と支配欲に取り憑かれた独裁者の典型に過ぎない。そんな独裁者が率いる宗教団体など偽物に決まってるだろう。

 私から見れば「旧統一教会」も「幸福の科学」も「創価学会」も、その他数多の宗教団体も五十歩百歩。中でも特にタチの悪いのが旧統一教会(現在の世界平和統一家庭連合)だ。この巨悪詐欺カルト集団、メディアは怯むことなく彼らの悪魔のような実態を暴き出し続けて欲しい。

日本はまだマシ?

 嘘をつき騙しただけでなく、裏金を使い放題、脅しと懐柔で勢力を伸ばしてきた反社会的勢力。そんなヤクザ組織に長く君臨してきた親分が、組織の犠牲になった親の子供に殺されたとしたら、世間は暴力反対を唱えその子供だけを批判・断罪して終わりにするつもりか。

 ヤクザの親分が殺されたなら勿論刑事事件として捜査すべきだが、それとは別に反社会的勢力の言動も徹底的に調査し、裏社会の実態に光を当て分析しなければ到底納得できない。なぜそんな事件が起きたのかを探らなければ消化不良になる。

 推理小説で事件の真犯人が分かるだけではダメ。作品として犯人の動機が明らかにされないと物足りないし、さらになぜそんな動機が生じたのか、周囲の環境や社会的状況にも目を配り、全体像が理解され初めて傑作となる。

 さて、私怨から銃撃され殺された安倍晋三元首相を、政府は「国葬」で弔うことに決めた。費用は全額国費、即ち私たちの税金である。

 岸田現首相は「民主主義を断固として守り抜くという決意を示す」と表明、それにしても、民主主義を破壊しつづけた売国奴安倍晋三の弔いを、民主主義を守る理由にするとは何たる矛盾。ここに現在日本の問題が集約され、政治の劣化が如実に現れている。

 権力の側が発する言葉と現実社会とのあまりの乖離、その溝はますます広がり深くなるばかり。

 理想と現実が一体になることはあり得ないが、社会の平和と安全、一人ひとりの自由と平等、それら理想に少しでも近づけようと努力しなければ。ところが現実は、専制と隷従、圧迫と偏狭、洗脳と没個性、それらが蔓延し窮屈極まりない。

 どちらに進もうとしているのか、すなわち方向性こそが問われなければならないのに、日本人の多くが「日本はまだマシ」と思い込まされ、社会の刑務所化が益々進む実態が悲しい。

宗教(神)とカネ(金)

 歴史上、人類が発明したものの中で、最も影響を与えてきたのが「宗教(神)」と「カネ(金)」。この両者は密接に結びつき、時の権力にまとわりつき、数えきれぬ大勢の人々を苦しめてきた。 

 何かに縋りたくなる人間の心情は理解できるし、だから私は宗教を否定する者ではない。だが、カネを巻き上げ、一つの価値観を押し付け、マインドコントロールしようとするなら、そんな宗教は真っ平御免である。そもそもそんなものを宗教と呼べるのか。

 見せかけの宗教団体で実態は巨大詐欺集団の旧統一教会(世界平和統一家庭連合)が、安倍晋三を銃撃した山上徹也の供述から再び注目を浴びるようになった。いろいろ名前を変えながら様々な組織・団体を形作り社会に蔓延る旧統一教会、これは宗教団体ではなく、単なる悪徳詐欺集団である。

 旧統一協会のような詐欺集団に限らず、ニセ宗教団体の特徴とは、あの世(来世)、天国や地獄、神、仏、霊、サタン…等々の言葉をやたら使いたがること。これらを聞いただけでニセ物だと分かる。

 信仰が足りないからあの世では救われず、救われたいならもっとお布施(金品)要求するとしたら、トンデモ宗教団体を宣言してるようなもの。

 その宗教が偽物か本物かの見極め方の一つは、来世で人を救おうとするか、それとも現世で人を救おうとしているかだ。信者であろうとなかろうと、多くの人々が苦しんでいる現実世界で、身を挺して彼らを救おうとするのが本物の宗教だろうが。不安を煽り善良な人々から多額の金を巻き上げるなんて、悪の所行そのもの。

 キリスト教でもイスラム教でも仏教でも…「人を救う」と言いながらこれまで逆に大勢の人々を苦しめて来なかったか、全ての宗教団体は猛省する必要がある。教会やモスクや寺院が大きくなればなるほど、それは堕落を象徴してるような気がしてならない。

やけにモヤモヤする

 安倍晋三元首相が背後から撃たれ死亡した8日(金)の事件、まったく予期せぬ出来事だったのでさすがに驚いた。普段テレビをほとんど見ない私である。ネットサーフィン中に情報が入り、急遽テレビを点けて確認したが…。

 さて、テレビを中心とした事件の報道姿勢には違和感を強く抱くしかなかった。現総理ではなく今は一議員に過ぎないのに、アナウンサーもキャスターも黒っぽいスーツやネクタイを締め、特番を組み一日中まるで英雄が死んだかのような報道ぶり。

 安倍氏が総理として一次と二次を合わせた計8年8ヶ月の在職中、功罪の比較では功の部分はほとんどなく罪ばかりの印象しかない。その罪の大部分をまるで功績だったかのように報道する異常さ。

 事件後数日経過したにもかかわらず、テレビを中心に相変わらず「民主主義の危機」とか、「暴力で言論を封じるのは許せない」とか、ありきたりの表面的な現状を憂う言葉ばかりが目立つ。

 しかし、日本の民主主義を破壊し続けてきたのは安倍氏本人ではないか。ところがテレビ報道では彼をまるで民主主義者であったかのような扱いで、大衆の洗脳機関と化したNHKはじめ民放各局には本当に呆れる。

 安倍氏が撃ち殺されことは衝撃的とはいえ、同時に人の先行きなんてどうなるか分からないという不条理も強く感じて、呆気に取られたというのが私の正直な気持ちだ。冷静に考えれば安倍氏の死は不条理とは違うかもしれない。しかし、安倍氏本人は背後から銃撃されるなんて露ほども想像していなかっただろう。

 ともかく事実として有名な政治家が公衆の面前で殺され、新型コロナは感染拡大を繰り返し、止まらぬ物価高で庶民生活は圧迫され、ウクライナ戦争の終わりは見えず、益々閉塞感が漂い息苦しくなる現実社会である。第二次世界大戦前と社会情勢が益々似てきた。

蛇足;参議院選挙は予想通り、私としては残念な結果だが特に驚きはしない。大勝した自民党だが、安倍晋三が突然消えたことでかなり混乱するかも、岸田首相の今後の取り組みに注視したい。

よく生きていられたなぁ

 東京で暮らしていた頃、冷房は7月に入ってからと決めていたにもかかわらず、どうしても我慢できず6月下旬には扇風機を回していたっけ。しかし金沢へ帰省後、6月上旬には扇風機のお世話になるのが当たり前になってしまった。

 そして金沢での生活も、近年は早くも5月から冷房を意識し始め、今年など6月中旬から扇風機を飛び越え、いきなりエアコンの冷房を入れっぱなしの毎日となる。

 我が家は中古の一戸建て。一応オール電化だが、エアコンも台所も、電気温水器もだから全てが旧式、かなり効率が悪い。最新の機器はコストパフォーマンスが非常に良いらしく、買い替えた方が毎月の電気料金は相当節約できると周りから言われる。とはいえ、どれも新品にすれば高い出費となり簡単に取替えなどできるわけがない。

 あれこれ思い悩むうち、とうとう北陸も6月中に梅雨明けし、本州では東北北部を残すのみとなった。毎年日本のどこかで豪雨による被害が必ず出る梅雨の季節だが、今年は西日本や関東を中心に猛暑という災害が襲う。

 そういえば東京時代、夜の仕事のせいで昼夜逆転の生活を10年以上つづけたが、夏場は窓を開けてはいたものの遮光カーテンを閉め、エアコンなしの部屋で昼間就寝していた。クソ暑い夏の間、よくそんな毎日を送っていられたものだと、今から振り返ると信じられない。

 6月下旬から7月始めにかけ連続猛暑日の新記録を作った今年の東京で、エアコンなしで昼間就寝する生活など考えられず、眠ってる間に熱中症になる可能性が非常に高くなる。それにしても東京時代、扇風機だけでよく生きていられたなぁと今更ながら自分に感心する。